本文へスキップ

広島県庄原市にある長期療養型の病院です。

部署紹介Introduction

看護部

1病棟


 
「どこからともなく誰かが手助けをする、そんな気配りのできるスタッフが集まっています」

1病棟は、介護療養型病床40床、医療療養型病床4床の計44床があります。介護療養型病床には、要介護認定を受けられた方で、比較的介護度が高く、ご自宅での療養が困難な患者さまがご入院されており、介護保険の施設サービス計画に基づいて、診療、看護、介護など必要な療養サービスを提供しています。
スタッフは、看護師(専任ケアマネージャーを含む)、ケアワーカーがおり、年齢は幅広いですが、病棟目標である「職員と患者さまが共に笑顔になれるようなケアを行う」を心に置き、和気あいあいと毎日楽しく業務を行えるように心がけています。
また、専任のケアマネージャーを中心に、患者さまおひとりおひとりを大切に考えたケアプランを作成し、ケアカンファレンスを頻回に行うことで、プランに沿ったケアの充実に努めています。
ケアワーカーは、やさしい男性を含み、毎日、明るく楽しく介護ができるようにと奮闘しており、少し年配の女性スタッフは刺激を受けつつ頑張っています。
 

2病棟


 
「“笑顔でありがとう”を心がけています」

2病棟は、医療療養型病床が60床あります。急性期治療を終え、継続して医療的なケアを必要とし、在宅復帰が困難な患者さまが入院をされています。(療養病棟入院基本料1を算定、医療区分2、3の割合が80%以上を占める)
患者さまの健康の回復に対するケアや日常生活の援助を看護師、ケアワーカーが協働して行っています。
昼夜を問わず、患者さまが安全で安心できる看護、介護を受けていただける最善の環境を考え、様々な研修会への参加や毎月の病棟会で共に刺激し合い、個人の資質やチームワークを高めています。
私たちの関わりで、入院時は無表情だった患者さまの笑顔が見られたり、言葉を発していただくことができた時には、最高の喜びを感じています。
この喜びを一緒に感じてみませんか?
 

レクリエーション係


 
笑顔の引き出しを開けます」

月曜から土曜の午前、午後の2回、専属スタッフが、患者さまのレクリエーションを担当しています。
当院には、長期にわたって療養される患者さまが多いため、日常に笑顔があふれる楽しい空間を作り出せるようにと、工夫を凝らした様々な活動を行っています。
毎日、「今日は何の日?」というテーマをもうけ、夏にはうちわを使ったゲームや土用の丑の日にはうなぎ釣りゲームをするなど、季節感を取り入れるようにしています。
また、心身の機能を活性化できるようにと、タオルを使った全身体操や顔マッサージ、発声練習を行う嚥下体操なども実施しています。
常に患者さまの体調面や安全面にも気を配りながら、おひとりおひとりの笑顔を引き出せるように、取り組んでいます。
 

診療部

薬剤科


 
「薬学の専門的知識と技能をもって病院理念、基本方針の遂行に努めています」

調剤業務
入院患者さまについては、吸湿性のあるものを除き、原則一包化調剤を行い、注射についても、一施用ごとの払い出しを行っています。また、胃ろうなどの経管からの投与を必要とする患者さまには簡易懸濁法を実施しています。
医薬品情報管理業務
医薬品の安全性、適正使用、相互作用や問い合わせなどを各部署に伝達しています。また、院内採用の医薬品集を定期的に編集し、各部署に配布しています。
服薬指導業務
担当医からの依頼に基づき、使用されている薬について、患者さまやご家族に対して情報提供を行っています。
 

リハビリテーション科


 
「患者さまの笑顔が元気の源です」

作業療法士、理学療法士が在籍しており、入院患者さまの個別リハビリを担当しています。
主治医の指示のもと、平行棒内歩行練習や手足の運動、移乗練習をはじめとして、患者さまのご状態に応じて、食事摂取の動作練習やペーパークラフト制作など、幅広く実施しています。
ご家族のご希望によっては、外出時の動作練習を行ったり、天気の良い日には自然に囲まれた病院周辺を散歩したりもします。
また、定期的なリハビリカンファレンスや担当者会議において、病棟スタッフとの意見交換も積極的に行いながら、効果的なリハビリの実施に努めています。
リハビリを担当するにあたり、特に気をつけていることは、"傾聴”することです。当たり前のことかもしれませんが、実際には難しいことです。限られたリハビリの時間のなかで、患者さまの思いを“傾聴”する、とても大切にしていることです。
 
   

栄養課


 
「部署の雰囲気は、“ええ感じ”です」

栄養課では、管理栄養士、栄養士、調理師、調理員、食器洗浄係が協働して、患者さまの食事作り、栄養管理を担当しています。
患者さまのご病状に合わせた治療食はもちろんのことですが、その方の嗜好を取り入れた調理や手作りのおやつ、お誕生日には特別に祝い膳を用意させていただくなど、個別対応に力を入れています。その中でも、食欲がなく、食事が一口も食べられない方には、“今食べたいもの”をご本人やご家族にお聞きし、提供しています。

食べることは私たちにとって欠かすことのできないものであり、また、生活の楽しみでもあります。そのことを念頭に置き、個別対応の充実をより一層図ることができるよう、スタッフ一丸となって取り組んでいます。
また、ご希望に応じて、患者さま、ご家族からの栄養相談もお受けしておりますので、ぜひ、ご利用ください。
 

管理部


 
「患者さまの快適な療養環境づくりを、様々な面からサポートしています」

管理部には総務課、経理課、医事課、管理課、介護保険課の5つの課があります。各課が、それぞれの役割に応じた業務を行っており、他部署との連携を図りながら、健全な経営、運営に努めています。

〜受付窓口業務〜
受付窓口においては、病院に関するご案内や各種相談の受付を行っておりますので、お気軽にお声かけください。

〜環境管理業務〜
日々、院内の清掃作業を行い、患者さまが衛生的に入院生活をお送りいただけるように努めています。また、院外の庭木の手入れも行っており、木々の緑や色とりどりの花で心和む自然環境づくりを心がけています。

〜洗濯室業務〜
患者さまの衣類の洗濯や繕い、タオル洗浄やおしぼり製作などを行い、患者さまの快適な療養生活を陰で支えています。
 

地域連携室


 
地域連携室の業務
・ 紹介患者の受け入れ
・ 退院支援
・ 保健医療福祉機関との連絡調整
・ 医療福祉相談業務

地域連携室では、相談員(看護師、社会福祉士、介護支援専門員、事務職)が医療や福祉、介護の分野から患者さま、ご家族のご不安や心配ごとなどを一緒に考え、解決に向けてお手伝いいたします。
ご入院となると、思ってもいなかったような問題が生じることがあります。安心して療養に専念していただけるよう、お悩みのことがあれば遠慮なくご相談ください。

例えばこんな時、ご相談ください
・ 病状について詳しく知りたい
・ 退院後の生活に不安がある
・ 医療費の支払いが心配
・ 介護保険について詳しく知りたい
 



医療法人ながえ会 庄原同仁病院庄原同仁病院

〒727-0203
広島県庄原市川北町890-1
TEL 0824-72-7300
FAX 0824-72-7333
e-mail doujin@sweet.ocn.ne.jp